PBR(株価純資産倍率)

PBRとは、1株当たりの純資産に対して、株価が何倍になっているかを表す指標です。

 PBR = 株価 ÷ 1株当たりの純資産(株主資本) = 時価総額 ÷ 純資産

純資産とは、借入金を除いた会社の資本金、法定準備金、余剰金の合計です。PER(株価収益率)が会社の収益率を判断する指標なのに対して、PBRは会社の資産の内容や財務体質を判断する相対的な指標です。

PBRが1ということは、株価と1株当たりの純資産が等しいということです。PBRは株式会社の仕組みを理解するとわかりやすいと思います。

株式会社とは投資家がその会社の株式を購入することにより、その資金で運営されます。株主が払い込んだ資本金と資本準備金が株主資本です。

企業が倒産(解散)したときに株主には、その企業の資産が分配されます。
PBRが1倍の場合、

PBRの数値を利用する場合に注意すること

PBRの計算式の中に「純資産」という項目があります。この純資産の値が注意ポイントです。純資産は帳簿上の価格で表されますので、土地などは取得価格で表示されます。

仮に現在の価格で10億円の価格の土地でも、買ったときの価格が20億円なら純資産に加えられる土地の価格は20億と記載されます。将来的に、時価会計に移行すればこの心配はなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です