売りのポイント

株式を売ることは買うことより大事です。売らなければ売買益の確定ができません。売りのポイントは買いのポイントの逆です。

基本的には下がりそうなときに売ることが大切になってきます。上がった株は必ず下がります。深追いは禁物です

決して欲張ってはいけません。

必ず押さえる これが「売り」のシグナルだ!!

1.前の安値を引値で抜けた地点

前の高値・安値はそこを抜けたら売買のシグナルとなります。これは非常に解りやすいです。したがって、前の安値を引値で抜けたら「売り」のシグナルです。

ポイントは買いの場合と同じく、「引値で抜けたら」というところにあります。チャートで見たときに、ヒゲで一瞬安値を抜けたぐらいでは、「売り」のシグナルとはいえません。

確実なのは「引値で」というところです。ヒゲで一時的に抜けるのは、狼狽売りで起こる場合もありますが、勢いのある株は必ず戻ってきます。

※引値・・・その日の最終の株価

「売り」は「買い」より大切です。売らないと利益になりませんよ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク