クレジットカード 国際ブランドの特徴

クレジットカードの国際ブランドって何?

クレジットカードを作る時には、国際ブランドを選ぶ必要があります。

クレジットカードの国際ブランドの違いは、簡潔に言うと決済を提供している会社の違いなのです。日本国内でクレジットカードを使用する場合には、ほとんど気にする必要はありません。

VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersは、5大国際ブランドと呼ばれています。

「国際ブランド」というのは、世界中でクレジットカードによる決済が利用できる決済システムを提供している会社のことを意味します。

そのなかでも、「Visa」、「Mastercard」、「JCB」、「AMERICAN EXPRESS(以下アメックス)」、「Diners Club(以下ダイナースクラブ)」「銀聯」は特に有名です。

引用:三井住友カード、おすすめのカードと作り方https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/Visa-or-MasterCard.jsp

個別のクレジットカードの特徴は、以下の通りです。

MasterCard(マスターカード)の特徴

マスターカードは、210を超える国や地域の世界2,900万ヶ所以上の加盟店ネットワーク、150万台以上のATMで利用できるブランドです。

信頼と価値は国境を越えて認められています。自社でのクレジットカードの発行はありません。

VISAの特徴

VISAは、世界シェアがTOPです。日本国内でも JCB に次ぐ加盟店の多さで、国内外で安心して利用できる国際ブランドです。海外では最も使いやすいブランドです。

JCBの特徴

日本の会社が発行する唯一の国際ブランドが JCB です。国内で最も加盟店数が多く、地方でも使える店が多いという強みがあります。

海外では他のブランドの後塵を拝していますが、日本人がよく観光で訪れる都市では加盟店のが多くあります。

ダイナースクラブの特徴

世界で最初に登場したと言われる国際ブランドでその伝説と誇りがこのブランドの特徴です。

会員には、エグゼクティブが多く、このブランドのカードを持つことがステータスの高さと証明と考えられています。

アメリカン・エキスプレスの特徴

海外旅行好きには選ばれることの多いブランドです。世界中にトラベルオフィスを持ち、きめの細かいサービスを提供しています。

高級路線も顕著で JCBと加盟店業務を提携し、国内の加盟店も日々拡大しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です